セラミド化粧品でアトピー対策

アトピー性皮膚炎に悩む人が増えています。特に乾燥しやすい季節になると炎症、かゆみが酷くなる傾向があります。部屋では出来るだけ加湿器などで湿度をあげるようにします。そしてお風呂から出た後は化粧水などですぐに保湿します。

 

 

アトピーの肌は肌表面が常に乾燥しています。また、角質層のセラミドが不足しているため、バリア機能が乱れています。そのためにアレルゲンなどの外部刺激によるダメージを受けやすい状態にあります。セラミド化粧品で角質細胞の間をしっかり埋める事で肌水分の蒸発、外部刺激の侵入を防止する事が大切です。

 

 

 

 

また、アトピー肌の場合は界面活性剤、香料、パラベンなどの化学合成物が含まれていない化粧品がおすすめです。セラミド配合化粧品ではヒト型セラミドを配合した乾燥肌化粧品がおすすめです。ヒト型セラミドは天然セラミドや擬似セラミドに比べ、水分保持力が高く、外部刺激をしっかりとブロックします。ヒト型セラミド配合の化粧品やアヤナス、ヒフミド、つつむなどがあります。ヒト型セラミド配合の化粧水、美容液、クリームなどがセットになっています。

 

 

その他、ワセリン、馬油などクリームも有効です。ワセリンの中でも純度が高い白色ワセリン、サンホワイトなどが刺激もなく、肌をしっかりとカバーします。アレルゲンなどの外部刺激をブロックし、炎症を防止します。馬油には皮脂に似た働きがあります。抗炎症作用、バリア機能があり、肌荒れを防止します。さらに、抗菌作用や抗酸化作用などもあり、真菌による肌荒れ対策にも有効です。

 

 

アトピー対策では洗顔、クレンジングも重要です。洗顔やクレンジングをする際にはぬるま湯がおすすめです。41度以上のお湯は皮脂を溶かすため、乾燥がひどくなります。また、洗浄力の強いピーリングなども、肌荒れの原因となります。石油系界面活性剤や保存料などのダメージ成分を使用した石鹸やクレンジングを避ける事をおすすめします。